総量規制

おまとめローンで金利と返済の負担を減らす!!

MENU
総量規制とは年収の三分の一以上のお金の借用を禁じる事で、無計画な借金を諌める効果を持っています。

消費者金融のキャッシングサービスによって、返済に苦慮する人は昔から存在しています。持っている信用次第でお金を別の場所から持ってこれれば当然です。しかし一時的な感情に身を任せてキャッシングサービスを利用すれば、返済プランが上手く進展しなくなってしまいます。

 

それは業者とユーザーの双方が避けたいと考えている事です。だから2010年になって総量規制と呼ばれる制度が開始されました。総量規制とは年収の三分の一以上のお金の借用を禁じる事で、無計画な借金を諌める効果を持っています。総量規制に関して考えを巡らすようになれば、現状の借りているお金も意識しなければなりません。

 

よってキャッシングサービスの過剰利用を回避しやすくなります。しかし総量規制には問題点があるのも事実です。それは非常に高い価格が設定されている商材に手を出せなくなる事です。例えば住宅や自動車は数百万円から数千万円の価格が設定されている事が珍しくありません。よって例外なく総量規制を行使しようとすると、経済の発展を阻害する要因になります。

 

だから一部の商材を購入する時のローンを組む事に関しては、総量規制の対象外である事を認められているのです。前述した高額な商材以外にも高額な出費を求められる手術も総量規制対象外に区分されています。

 

総量規制の概念はキャッシングサービスの成長に悪影響を及ぼすと考えれていましたが、総量規制対象外のルールが存在しているおかげで臨機応変である事も実現しています。